ニュース

2021.3.31

Press Release

RPA導入支援事業を始めとしたDX関連事業を展開するワークスアイディ株式会社に出資しました

株式会社tb innovations(東京都中央区、代表取締役社長:高 賢敃)が運営する、東京貿易グループCVC「ネクスト新事業新技術1号投資事業有限責任組合」(東京都中央区、代表取締役社長:加藤 三四郎、以下「TB-GR」)は、RPA導入支援事業を始めとしたDX関連事業を展開するワークスアイディ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:池邉 竜一、以下「ワークスアイディ」)に出資致しました。

 ワークスアイディは、「『働く』をデザインするアイディアを通じて、人と企業の双方の満足に貢献します」を理念に、HRソリューション(人材派遣・業務委託)と「業務の可視化」を筆頭にRPA導入支援サービス、データサイエンス、AI、ITなどのデジタルテクノロジーを組み合わせた独自のDXソリューションを提供する会社です。

 ワークスアイディのRPA導入サービス「RoboRoid」では、これまで人が対応していたあらゆる業務を可視化によって、RPA化に適した業務の洗い出しに始まり、生産性向上を遮る無駄な業務の特定、排除を行った上で最適なRPAツールの選定を実施。顧客のニーズによっては、RPAエンジニアを派遣してのRPAシナリオの開発。導入後の運用やデジタルレイバーのトレーニング実施。その後デジタル化された業務環境下でデータサイエンスの設計まで、DX化に必要な工程をワンストップでサポートします。

 TB-GRは、昨年4月より経営の高度化と効率化を目指し、新基幹システムの導入・稼働をさせる等、グループ全体の戦略としてDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、併せてデジタル人材の強化・育成にも取り組んでおります。DX関連事業を展開するワークスアイディへの出資を通じ、社内業務の可視化及びRPA導入による業務の効率化、DX推進の加速化を図る他、デジタル人材の確保、データサイエンティスト育成事業の連携、及び当社パートナーの紹介といったシナジー効果を創出し、ワークスアイディとTB-GRの事業強化・拡大、及び企業価値の向上に貢献して参る所存です。

■会社概要
会 社 名 :ワークスアイディ株式会社
所 在 地 :東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー23F
代 表 者 :池邉 竜一
事業内容: RPA導入支援「RoboRoid」、可視化コンサルティング「RoboRoid-HIT.s」、
     ネットワーク・インフラ構築・システム開発・SES、IA(インテリジェントオートメーション)、
     データサイエンス、業務請負(インソーシング・アウトソーシング)、
     人材派遣事業(一般派遣・紹介予定派遣)、人材紹介事業、
     採用支援(適正診断テスト「FORTUNA」)
コーポレートサイト:https://www.worksid.co.jp/

■ファンド概要
組 合 名 :ネクスト新事業新技術1号投資事業有限責任組合
所 在 地 :東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン28F
無限責任組合員:株式会社tb innovations
有限責任組合員:東京貿易ホールディングス株式会社
ファンド総額:40億円