ニュース

2022.12.21

Press Release

オンライン3D点群処理プラットフォーム「ScanX」を提供するローカスブルー株式会社へ出資しました

 株式会社tb innovations(東京都中央区、代表取締役社長:高 賢敃、以下「tb innovations」)は、その管理・運営するファンド「ネクスト新事業新技術1号投資事業有限責任組合」を通じて、ローカスブルー株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:宮谷聡、以下、「ローカスブルー」)に出資いたしました。

 建設業界では就労者の減少と高齢化が深刻な課題となっており、業界全体の生産性の向上が強く求められています。国土交通省も建設業界の生産性を目的としたプロジェクト「i-Construction」を導入し、ICT技術の全面的な活用が本格化しており、その中でも、3Dデータを活用する動きが加速しています。3Dモデルを活用すれば、作業スピードが格段に向上し、関係者間の情報共有も容易になります。一方で、3Dモデルの活用には膨大なデータ量の処理をするための設備投資が必要になります。

 ローカスブルーは、顧客ファーストの姿勢で現場の課題に向き合い、Webブラウザさえあれば3Dデータの編集と解析ができるクラウドプラットフォーム「ScanX」を提供しています。「ScanX」は、これまで人手をかけていたタスクを自動化し、時間を節約、誰でも均一な結果を生みだすことが可能になります。建設現場に、3Dモデルの導入を進めることで業務効率化や品質向上の民主化を推進しています。

https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/65008/20/65008-20-2b3252166728f359860c51694f424c9f-2835x2126.jpg?format=jpeg&auto=webp&quality=85%2C65&width=1950&height=1350&fit=bounds

 東京貿易グループの東京貿易テクノシステム株式会社(https://www.tbts.co.jp/)は、「3Dソリューションプロバイダ」として、自動車業界をはじめとする製造業のものづくりのスマート化に貢献してきました。昨今では、その3Dデータの計測・測量技術を活かして、建設業界向けにも3次元データの利活用ソリューションの開発・提供をしております。

 ローカスブルーと東京貿易グループは、互いに有するアセットと優れたテクノロジーを掛け合わせることで、オープンイノベーションを推進し、建設業界を皮切りに東京貿易グループが展開するさまざまな産業領域でのDX推進による社会課題の解決を目指してまいります。

■ローカスブルー株式会社について
会 社 名:ローカスブルー株式会社(旧スキャン・エックス株式会社 2022年4月1日社名変更)
所 在 地:東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷1丁目ビル
事業内容:オンライン点群処理ソフトウェア開発「スキャン・エックス」の開発・販売
コーポレートサイト:https://locusblue.com/

■東京貿易グループについて
構成企業:東京貿易ホールディングス株式会社ほか国内外計14社
所 在 地:東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン27階ほか
事業内容:個性豊かな国内外計15社で構成する独立系の「事業創造型の企業グループ」であり、エネルギー機械産業、医療・生活・科学産業、技術・自動車・情報産業、資材・資源・鉄鋼産業といった幅広い領域で事業を展開
コーポレートサイト:https://www.tokyo-boeki.co.jp/

■ファンドについて
組 合 名:ネクスト新事業新技術1号投資事業有限責任組合
所 在 地:東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン28階
無限責任組合員:株式会社tb innovations
有限責任組合員:東京貿易ホールディングス株式会社
ファンド総額:40億円